Huluチケットの使い方・買い方!無料期間を無駄にしない方法も!

公開日:

Huluチケットの使い方・買い方!無料期間を無駄にしない方法も!

50,000本以上の映画やドラマを楽しむことができるHulu(フール―)は、クレジットカード登録がなくても利用できるよう、プリペイド式のチケットが用意されています。ここではHuluチケットの使い方や買い方、利用時の注意点について解説します。

Hulu(フール―)チケットとは

Huluチケットは、動画配信サービスHuluの料金が支払えるプリペイドタイプのチケットです。チケットは、1か月分(1,007円・税込)から、購入場所によって6か月分まで購入可能です。ただし、期間の長いチケットに割引が設定されているわけではありませんので、自分の使い方に応じた期間を選ぶのがおすすめです。なお、アカウントには、最大12か月分のチケットを登録しておくことができます。

Hulu(フール―)チケットを利用するメリット

Huluの課金にチケットを利用するメリットには、次のようなことがあります。

クレジットカードが不要

動画配信サービスのような継続に利用するサービスには、料金の支払いにクレジットカードが必要となることが多いです。しかし、Huluチケットを利用すればクレジットカードを使わずにHuluに加入することができます。クレジットカードを持っていない人はもちろん、できるだけ支払いは現金を使いたいという人にも向いています。

必要に応じて課金できる

Huluチケットのみで利用している場合、チケットがなくなると解約になりますので、あまり利用していないのに解約を忘れて課金が続く、ということがありません。また、一時的にHuluを利用したい、あまり利用しない時期があるという人にも無駄がありません。解約となってもアカウントはそのまま残りますので、再度チケットを追加して利用を再開することができます。

Hulu(フール―)チケットの種類と買い方、購入場所

Huluチケットにはカード、プリント、コードの3つのタイプがあります。それぞれの特徴と購入できる場所を紹介します。

カードタイプ

プリペイドカードコーナーで販売されている、チケットコードが記載されているカードです。裏面がスクラッチとなっており、購入後銀色の部分を削るとチケットコードが出てきます。カード式のため、自分で利用するのはもちろん、手軽なプレゼントとしても使えます。

カードタイプは、ローソン、ファミリーマート、ミニストップのほか、大手家電量販店でも取扱いがあります。カードは1か月、3か月のものがありますが、ローソンでは1、3、5か月の選択式のもの、ファミリーマートでは1か月分のみの取扱いとなっています。

プリントタイプ

コンビニエンスストア設置のマルチメディア端末から購入できるタイプです。端末で希望のチケットを選択後、レジで代金を支払い、チケットコードが記載されたレシートを受け取ります。1か月、3か月、6か月のチケットが選べます。カード形式ではありませんので、プレゼントよりも自分で利用したい場合に適しています。また、カードタイプよりも多くのコンビニで取扱いがあり、入手が簡単です。

コードタイプ

オンラインで購入できる、チケットコードのみが通知されるタイプで、販売場所によって1~6か月分のチケットの設定があります。

Huluのチケットコードは、楽天ブックス、Amazonのほか、オンラインギフトサービスのgiftee、Bitcashでも購入できます。また、NTT東日本のフレッツ光利用者向け会員サービス「フレッツ光メンバーズクラブ」ではポイント交換でも入手可能です。コードタイプも自己利用向けですが、gifteeの場合は、メッセージカードとともにHuluチケットをプレゼントすることができます。

Hulu(フール―)チケットの使い方

Huluチケットは、Huluのアカウントにチケットコードを登録すると、チケットの期間分の利用ができるようになっています。

Huluを利用中の場合

アカウントにログインし、Huluチケットのメニューにあるチケットコード入力画面からチケットコードを登録します。ほかの支払い方法で利用中の場合には、次月の課金分よりチケットから支払われ、チケットがなくなったら登録済みの支払い方法での課金に戻ります。チケットのみで支払を続けたい場合には、事前に支払い方法を削除しておきましょう。

Huluに新規登録する場合

Huluに新規登録する場合、アカウントを登録した後に、お支払い情報を登録する際にチケットコードを入力して登録を完了させる、というのが一般的な方法です。しかし、クレジットカードなどHuluチケット以外の支払い手段を持っている人は、一旦ほかの支払い方法で新規アカウント登録を行ったあとで、Huluチケットを利用する方法をおすすめします。そうすれば、初回2週間トライアルも適用になってお得です。

Hulu(フール―)チケット利用にあたっての注意点

クレジットカード不要で、利用したいときに必要な期間分を手軽に買えるHuluチケットですが、利用時に注意点もありますので確認しておきましょう。

チケットに有効期限がある

Huluチケットには有効期限が設定されています。最大で1年間ですが、購入方法によって異なり、もっと短い場合もあります。チケット購入後には必ず有効期限を確認し、期限切れとなる前にアカウントに登録しましょう。期限が切れた場合はチケットが無効になります。

現在の支払い方法によってはチケットが利用できない

すでにHuluの契約期間中の場合、クレジットカード払い、ドコモ払い、PayPal、Yahoo!ウォレット、ケーブルIDログインに対応のケーブルテレビ決済以外の支払い方法の場合はチケットとの併用ができません。支払い方法を変更すれば、チケットの利用が可能になります。

Huluチケットのみの登録では無料トライアルができない

Huluは初回登録の場合、無料で2週間トライアル利用ができますが、チケットのみで新規登録を行った場合は対象外となります。一旦、クレジットカードなどのほかの決済方法で登録した上でHuluチケットを登録すればトライアルが可能です。

長期間のチケットの登録には注意

クレジットカードなどの支払いの場合、課金は1か月ごとの前払いで、更新時に請求が行われます。しかし、Huluチケットの場合は、アカウントにチケットを登録した時点でその期間が支払い済みとして取り扱われます。そのため、長期間のチケットを登録すると、途中の解約や返金はできません。まとめて登録しておくと、都度チケットの購入や登録をする手間が省けて便利ですが、デメリットにもなる場合もあります。確実に利用を続けるかどうかわからない場合には、1か月など短期間のチケットを都度登録するのがおすすめです。

まとめ

月額制のオンライン動画配信サービスのHuluは、クレジットカードを登録せず、Huluチケットというプリペイド方式の課金でも利用できます。Huluチケットは、クレジットカードを持っていない人や、Huluのサービスを必要なときだけ契約して利用したいという人に便利です。

Huluチケットは、コンビニエンスストアなどで購入できますが、特に割引などはありません。しかし、ギフト券のオンライン売買サイトGiftissue(ギフティッシュ)なら、Huluチケットをお得に購入することができます。少しでもHuluチケットを利用したいならぜひGiftissueをご利用ください。

Huluチケット
商品一覧を見る

売れ筋のギフト券

ギフト券を購入する